◇常に新しい菓子づくり−−山本揚一郎さん(44)=佐賀市

 塩味野菜のバラフを使ったロールケーキ「バラフと抹茶のコラボロール」を昨年商品化。バラフは南アフリカ原産のアイスプラントを佐賀大が野菜化したもので、シャキシャキした食感とほのかな塩味が特徴。同大のベンチャー企業、農研堂(神埼市)の呼び掛けで開発した。生地にバラフのピューレを練り込み、クリームに刻んだバラフを交ぜてシャキシャキ感を残した。「甘みと塩味のバランスが難しかった」。通常1日に作るロールケーキは30〜40本だが、フェア期間中はフェア用にバラフ入りを1日100本焼く。

 実家は和菓子屋。高校卒業後「お祝いの場面に使われることが多く、場面を華やかにする」と洋菓子の道を志し、福岡と東京で約10年間修業した。91年、父親から呼び戻され、翌年に洋菓子店「シェ・ヤマモト」を開業。「普通の菓子ではわざわざ買いには来てくれない。常によそにないものを作ろうと思ってます」【竹花周】

【関連ニュース】
【関連写真】バラフを使った緑色のロールケーキ

選挙準備を優先…民主・河上議員、目立つ国会欠席(読売新聞)
蓮舫氏入閣は「テレビ用」=民主・渡部氏(時事通信)
<子ども手当>満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判(毎日新聞)
<国際テレビ祭>NHKドラマが最優秀賞(毎日新聞)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
[PR]
# by i5zlr8ofyt | 2010-06-15 21:32
 赤松広隆農林水産相は1日の閣議後会見で、宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題での、優良種牛5頭の取り扱いについて、「新たに感染すれば別だが、(検査で陽性が)出なければ、かかっていなかったことになる。今週がめどだ」と述べた。遺伝子検査で4日まで陰性が続いた場合、農水省は専門家の意見を踏まえ、その後の対応を検討する方針だ。
 特例的に避難させた優良種牛5頭への遺伝子検査は、5月22日に別の種牛1頭に感染の疑いが判明してから始められ、28日に6月4日までの延長を決めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る
首相、1日に宮崎視察=口蹄疫対応で知事と会談

DPC準備病院、来年度は募集せず―中医協総会で了承(医療介護CBニュース)
少し肌寒いけど…お先に夏服 神戸の女子中高(産経新聞)
母親に聞く、子どもと結婚の話をしない理由(Business Media 誠)
自民党 安倍元首相 保守勢力新党との連携に前向きな考え(毎日新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
[PR]
# by i5zlr8ofyt | 2010-06-04 15:08
 社会に出て初めて受け取る給料。「お世話になった人にお礼を……」とはよく言われるものの、実情はどうなのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 リーブ21の調査によると、「初任給は誰のために使いますか(使いましたか)?」と尋ねたところ、最も多かったのは「自分」で32.5%。以下、「母親」が29.4%、「父親」が23.3%、「兄弟姉妹」が5.3%、「祖母」が3.5%、「祖父」が2.4%と続いた。

 肉親以外にも「恩師」(30代女性)、「特に仲の良かった、高校の同級生」(40代女性)、「募金」(20代男性)といった回答もあった。

 いくらぐらい使うのだろうか。「前問の回答の人に対し、およそいくら使いますか(使いましたか)?」と聞くと、「自分」が最も多く4万8010円。以下、「母親」(1万5047円)、「彼女」(1万3750円)、「父親」(1万3711円)、「祖父」(1万643円)が続いた。

 年代別に見ると、まだ初任給を手にしたことがない人が多い10代では、自分より父母に使う金額の方が多かったのに対し、実際初任給をもらったことのある20代以上の世代では、父母に使う金額は自分に使う金額の半額以下という結果となった。リーブ21では、「理想と現実は違うということが浮き彫りとなった」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象は男女665人(男性263人、女性402人)。調査期間は3月15日から4月15日。

【関連記事】
出世すれば、給与はどのくらいもらえるの?
ボクは社長になりたい……3年連続減少の7.5%
正社員と非正社員の間に“差”――2010年度の給与事情

<東京スカイツリー>建設の裏話を披露 クレーンは風向きに合わせて旋回 (毎日新聞)
代替滑走路、工法も合意済み=状況見て発表―政府高官(時事通信)
ウイルス、酢で防げ…宮崎市が無人ヘリで散布(読売新聞)
知事公用車センチュリー、214万円でネット落札(読売新聞)
蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)
[PR]
# by i5zlr8ofyt | 2010-05-28 00:04
 久しぶりに見えた故郷は、まばゆいほど明るかった−−。人類初となる小惑星の岩石採取に挑み、6月の地球帰還を目指す小惑星探査機「はやぶさ」が、地球の撮影に成功した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が17日、公表した。地球の左側には月も写る。ともに非常に明るいために上下に光の帯が生じたが、故郷が目前に迫った証拠といえる。

 星の位置から探査機の位置を確認するカメラを使い、地球帰還に向けた軌道修正後の12日に撮影した。地球からの距離は約1350万キロの地点で、地球の明るさはマイナス8.3等、月はマイナス4.6等だった。

 はやぶさは時速約1万8000キロで地球へ向かっている。計画では6月13日に大気圏に突入し、岩石が入っている可能性があるカプセルはオーストラリアの砂漠に落下する。

 プロジェクトを率いてきた川口淳一郎JAXA教授は「やっと地球が見えた。我々だけでなく、おそらくはやぶさにとっても非常にうれしい画像だ。いよいよ帰還が近づいた」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
はやぶさ:6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
小惑星探査機:はやぶさ、6月13日地球帰還 岩石採取?「カプセル」無事回収なるか
ニュース交差点:科学 はやぶさ、6月13日帰還へ
082 「はやぶさ」物語(その3)

28日に故鈴木元知事の都葬(時事通信)
宇宙滞在、野口さん最長に=6月2日に帰還予定(時事通信)
阿久根市長、体協会長職を要求「補助出してる」(読売新聞)
羽田エアポート快特 石原都知事「止まらなくてもいい」(レスポンス)
「小沢チルドレン」首相・幹事長の辞任求める(読売新聞)
[PR]
# by i5zlr8ofyt | 2010-05-19 09:41
 奈良県は、介護報酬約100万円を不正に請求したとして、「有限会社あいほぅむサービス」(香芝市)が運営する指定訪問介護事業所「あいほぅむサービス」(同)について、5月1日付で介護保険法に基づく指定取り消し処分を行った。

 県によると、同事業所は昨年7月から11月までの間、橿原市内に住民票のあった利用者に対し、訪問介護サービス390回分を提供したと偽って介護報酬96万円余りを不正に請求し、受領した。この利用者は7月上旬に大阪府内に転居しており、橿原市内には住んでいなかった。他の利用者11人は既に他の事業所でサービス提供を受けているという。

 同社に対する返還命令金額は加算金を含めて134万円余り。県では、同社と事業所の管理人に対する詐欺容疑での刑事告発を視野に入れており、近く警察との協議に入るという。


【関連記事】
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―東京
介護報酬191万円、不正混じりで全額返還へ―大阪市の事業者
不正請求などで訪問介護など3事業所の指定取り消し―徳島
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪

着服金返すため、再び着服の疑い 元総務部長逮捕(産経新聞)
<普天間移設>「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え(毎日新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
袋詰め遺体、重りはいかり=女性の身元確認急ぐ−神奈川県警(時事通信)
[PR]
# by i5zlr8ofyt | 2010-05-12 03:36