感染判定は「今週がめど」=優良種牛5頭の口蹄疫検査―赤松農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は1日の閣議後会見で、宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題での、優良種牛5頭の取り扱いについて、「新たに感染すれば別だが、(検査で陽性が)出なければ、かかっていなかったことになる。今週がめどだ」と述べた。遺伝子検査で4日まで陰性が続いた場合、農水省は専門家の意見を踏まえ、その後の対応を検討する方針だ。
 特例的に避難させた優良種牛5頭への遺伝子検査は、5月22日に別の種牛1頭に感染の疑いが判明してから始められ、28日に6月4日までの延長を決めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る
首相、1日に宮崎視察=口蹄疫対応で知事と会談

DPC準備病院、来年度は募集せず―中医協総会で了承(医療介護CBニュース)
少し肌寒いけど…お先に夏服 神戸の女子中高(産経新聞)
母親に聞く、子どもと結婚の話をしない理由(Business Media 誠)
自民党 安倍元首相 保守勢力新党との連携に前向きな考え(毎日新聞)
「ばかな会合だった」石原都知事は途中退席(読売新聞)
[PR]
by i5zlr8ofyt | 2010-06-04 15:08