初任給は誰のために使う? トップは「自分」(Business Media 誠)

 社会に出て初めて受け取る給料。「お世話になった人にお礼を……」とはよく言われるものの、実情はどうなのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 リーブ21の調査によると、「初任給は誰のために使いますか(使いましたか)?」と尋ねたところ、最も多かったのは「自分」で32.5%。以下、「母親」が29.4%、「父親」が23.3%、「兄弟姉妹」が5.3%、「祖母」が3.5%、「祖父」が2.4%と続いた。

 肉親以外にも「恩師」(30代女性)、「特に仲の良かった、高校の同級生」(40代女性)、「募金」(20代男性)といった回答もあった。

 いくらぐらい使うのだろうか。「前問の回答の人に対し、およそいくら使いますか(使いましたか)?」と聞くと、「自分」が最も多く4万8010円。以下、「母親」(1万5047円)、「彼女」(1万3750円)、「父親」(1万3711円)、「祖父」(1万643円)が続いた。

 年代別に見ると、まだ初任給を手にしたことがない人が多い10代では、自分より父母に使う金額の方が多かったのに対し、実際初任給をもらったことのある20代以上の世代では、父母に使う金額は自分に使う金額の半額以下という結果となった。リーブ21では、「理想と現実は違うということが浮き彫りとなった」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象は男女665人(男性263人、女性402人)。調査期間は3月15日から4月15日。

【関連記事】
出世すれば、給与はどのくらいもらえるの?
ボクは社長になりたい……3年連続減少の7.5%
正社員と非正社員の間に“差”――2010年度の給与事情

<東京スカイツリー>建設の裏話を披露 クレーンは風向きに合わせて旋回 (毎日新聞)
代替滑走路、工法も合意済み=状況見て発表―政府高官(時事通信)
ウイルス、酢で防げ…宮崎市が無人ヘリで散布(読売新聞)
知事公用車センチュリー、214万円でネット落札(読売新聞)
蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)
[PR]
by i5zlr8ofyt | 2010-05-28 00:04